読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Facebookとブログの違いって

ブログ

ある時友達の奥さんと話していて、
Facebook嫌いでやめたのにブログはいいんですか?」
と聞かれ、うーんと回答につまってしまった。


1.訂正
Facebook嫌いというのは表現が誤っていた。
見かけた投稿がたまたま嫌いだったのであり
Facebook自体を嫌う理由は実はなかった。

嫌いな投稿というのは、

「自分は○○しているから明るい将来が待っている。
 子供の将来もしっかり考えている。
 素晴らしい出会いも増えて仲間に感謝。
 こういう生き方をみんなもしようよ。」

みたいな投稿。自分をアピールするような投稿であることまではまあよしとしよう。
自分の記事だってアピール記事だという点は変わらない。
でもアピールに加えて人に価値観を押し付ける(もしくはそう見える)投稿はイヤ。

・○○している人は悟った人であり、幸せが約束される。
・××していない人は幸せを追い求める努力をしないただの愚か者である。
・はやく考え方を改めてこちら側にくるべきだ
・安全面を考えると、△△を食べる人の気が知れない

などなど。
まあなんにせよ自分の深く考えずFacebookはイマイチとかいう浅はかな考えを
してしまったことに気づかせてくれた友達の奥さんに感謝感謝。


2.Facebookとブログの違い
それよりもそもそもFacebookとブログの違いってなんだろう?
という疑問を抱いたので軽く調べてみた。
とてもざっくり言えば、

Facebook
・現実の人と人とのつながりがコンセプト。(双方向)
・投稿した記事へ検索エンジンからほぼアクセスできない。(古い記事は流れ去る)

■ブログ
・不特定多数に対する情報発信がコンセプト。(実名登録も必須ではない)
・記事がWeb上に残る。(ログが蓄積される)

という感じなんだそうな。

    • -

ここで改めて考えてみるとやはり自分がしたいと思っているのは
不特定多数に対する情報発信である。
「友達」同士の輪の中でのコミュニケーションに限定する理由はない。
そうするとやはりブログは継続しよう。